たなか内科クリニック・千葉市花見川区・内科・呼吸器・アレルギー・喘息・リウマチ
内科・呼吸器内科・アレルギー科・リウマチ科 たなか内科クリニック
CONTENTS
HOME
院長ご挨拶
クリニックの特徴
診療時間・アクセス
 
たなか内科クリニック
 
〒262-0015
千葉市花見川区宮野木台
 2-5-33 ミキ医療モール1F
TEL:043-207-5888
FAX:043-207-5889
【診療時間】
9:00-12:00/15:00-18:00
【休診】
木曜・土曜午後・日曜・祝日
■リンク
東大病院
アレルギー・リウマチ内科
千葉市医師会
別のホームページ(ブログ付)
 
呼吸器疾患・アレルギー・リウマチを専門にしております。生活習慣病など、一般内科の診療も行っております。皆様の健康増進にお役に立てる診療を提供いたします。
 
お知らせ
 
新型コロナワクチン案内
(9月15日更新)
コロナワクチンを2回接種済の方は今後は従来型ではなく、オミクロン株BA.1対応ワクチンに変更になります。当院では9月28日からの接種開始で、しばらくはファイザー製のみです。
3回目、4回目、5回目接種の方は電話またはWEBにて予約致します。
当座は当院受診歴のない方も受け付けますが、必ず前回の接種日から5か月以上経過していることを確認してください。5か月未満の方は来院しても接種できません。ただし欧米では2-3か月経過で接種可能となっており、日本でも今後短縮される可能性があります。また4回目以降は今まで、59歳以下は基礎疾患ありなどの条件付きでしたが、9月14日付けの連絡で、12歳以上であれば基礎疾患がなくても接種が可能となりました。

以下解説です。
2020年からコロナ流行の波が何度か来ていますが、最初は従来型(武漢型)、さらに昨年春にはアルファ株(第4波)昨年夏にはデルタ株(第5波)、今年春にはオミクロンBA.1による第6波、そして今年夏にはオミクロンBA.5による第7波が来ています。
 従来型に対しての新型コロナワクチンを昨年春から今までに最大4回接種しておりますが、コロナウィルスの変異が進むにつれて、次第に効果は低下してきており、現在のオミクロン株には従来型ワクチンでは感染予防効果は低くなっています(重症化予防はあるようです)
 BA.1対応ワクチンは従来型の成分とオミクロン株BA.1に対する成分のハイブリッド(2価ワクチン)です。現在アメリカではオミクロン株BA.5対応ワクチンの開発が進んでおり、アメリカでは10月以降に接種開始の予定です。日本でもBA.5対応ワクチンが打てるようになるかも知れませんが、11月以降で未定です。現在および今後流行すると思われる株に対しての効果は BA.5対応ワクチン > BA.1対応ワクチン > 従来型ワクチンと考えられます。結局、入手できる最新のワクチンを打つのがよろしいかと思います。
なお今年からインフルエンザワクチンとコロナワクチンンの同時接種が可能となりました。
インフルエンザワクチンの予約を開始します。接種料は4000円、高齢者は1800円の予定です。
別のホームページもご参照下さい(左のリンクから入れます) https://www.tanakanaika-clinic.net/
ファイザーワクチンWEB予約(12歳以上、3、4,5回目)
下記をクリックして入力してください。
ファイザー製ワクチン予約はここをクリック
インフルエンザワクチン予約(3歳以上、1回のみ)
下記をクリックして入力してください。
インフルエンザワクチン予約はここをクリック
発熱の方、濃厚接触の方へ
(5月31日更新) 新型コロナウイルス感染症は現在減少傾向ですが、いまだ余談を許しません。発症から数時間経過して熱も高く、上気道症状(喉痛、咳など)のある方に限ってまず鼻腔検体での抗原検査を施行しております(10分)。抗原検査陰性でも疑いの残る場合や、緊急性のない場合には唾液でのPCR検査を追加しております。こちらの方がより精確ですが結果は1-2日後となります。
風邪症状(咳、痰、のど痛、発熱)のある方は、当院入室前に電話にてご相談下さい。万が一コロナウィルス感染の場合に、他の患者さんにうつすことを避けるための処置ですのでご了解ください。
夏休み
当院は、夏休みと年末年始(冬休み)を除いて、原則カレンダー通りに診療致しております。今年の夏休みは、8月17日から22日です。
睡眠時無呼吸症候群と禁煙外来について
いびきと無呼吸、日中眠気のある方は無呼吸検査(ポリグラフィー)で調べる必要があります。当院へご相談ください。自宅での簡易検査が可能です(3割負担で約3500円)。
禁煙外来は予約なしでいつでも受け付けております。
骨塩定量検査は常時受け付けております。肺年齢検査も相談に応じます。
喘息について
長引く咳の原因は喘息、COPD、喉頭アレルギー、感染(百日咳、マイコプラズマ)など多岐にわたります。  まず胸のレントゲンを撮り、結核、肺炎、肺癌でないことを確認した上でアレルギーか感染か他の原因かを血液検査などで調べるのがよろしいかと思います。
喘息は現在の医療では治癒させるのは困難ですがコントロールは可能です。吸入ステロイドが副作用も少なく、もっとも効果のある薬剤です。
 ただし鼻炎合併喘息、解熱鎮痛剤喘息、夜間喘息、運動誘発喘息、アルコール喘息などの特殊なケースでは薬剤の有用性も少し変わって来ます。ご相談ください。
 肺気腫またはCOPDは喘息症状に似て、肺がぜーぜーする病気です。喘息と違い、ゆっくりと年単位で進行します。肺機能検査で診断できますのでご相談下さい。
リウマチについて
関節リウマチは免疫異常で関節の炎症を来す、自己免疫疾患です(全身の症状を来す’内科的’疾患です)。
従って有効な治療は免疫を抑える薬です。最近リウマチの薬は大きく進歩しており、数々の治療薬が出てきております。
当院では生物学的製剤による治療も行っております。
特定健診について
千葉市の特定健診(国保)、健康診査(75歳以上)は予約制です。肺がん検診、大腸がん検診、前立腺がん検診、骨密度、肝炎検査は予約不要です。
ご希望の方は市から送られてきた受診券シールを持参してご来院下さい。
各種予防接種・肺炎球菌ワクチンについて
公費での各種ワクチンは原則予約制です。
電話などでご相談ください。
なお自費での接種も受けつけております。
65歳以上の方は肺炎球菌ワクチンの接種をお勧めしております。(インフルエンザにかかって亡くなる方の多くが肺炎併発が死因となっております。)
 
 
ホーム 院長ご挨拶 クリニックの特徴 診療時間・アクセス
 
たなか内科クリニック
〒262-0015 千葉県千葉市花見川区宮野木台2-5-33 TEL.043-207-5888
Copyright 2010 Tanaka Medical Clinic all rights reserved.